緊急災害時の児童の登校について

 

台風、大雨、大雪、地震等、緊急災害が予想される場合、または発生した場合の児童の登校については、下記のようにいたしますのでお知らせいたします。

なお、学校からの指示があった場合は、その指示に従ってください。

 

1.午前7時の時点で、「豊能町」に特別警報・警報(大雨、洪水、暴風、大雪、暴風雪)が発令されている場合、自宅待機して登校を見合わせる。

2.午前7時以後、上記警報が解除されれば、登校する。ただし、警報解除後も安全が確保できない状態であれば、登校を見合わせる。

3.午前9時の時点で上記警報が続いておれば、休校する。

4.大地震(震度「5弱」以上または「危険なとき」)が起こったとき、登校を見合わせ、学校から連絡があるまでは自宅待機する。

<震度『5弱』>すわりの悪い置物の多くが倒れ、窓ガラスが割れて落ちることがある。補強されていないブロック塀が崩れることがあり、道路に被害が生じることがある。

 

※ テレビやラジオの情報に注意してください。

※ 登校中の場合は、緊急メール等学校からの連絡に注意をしてください。

※ 市町村ごとの情報は、テレビ・ラジオでは分かりにくい場合がありますので、気象庁のホームページ(http://www.jma.go.jp/jp/warn/331_table.html)をご覧ください。

※ ご近所の道路・通学路の崖崩れや冠水状況など、危険情報について、ぜひ、学校にお知らせください。

※ 「特別警報」とは、これまでの警報の発表基準をはるかに超える豪雨等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合に、最大限の警戒を呼び掛ける警報です。