ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

大分類はここまでです
ここから大分類内のメインメニューです

えまっちゃん

あいさつ運動キャラクター

東能勢中学校生徒会

PDFファイルが開かない方は
上のアイコンをクリックして、
無料配布されているAdobe
Reader を、パソコンにインス
トールしてからご覧下さい。

 

 

 

PDFファイルが開かない方は
上のアイコンをクリックして、
無料配布されているAdobe
Reader を、パソコンにインス
トールしてからご覧下さい。


メインメニューはここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

〒563-0219

大阪府豊能郡豊能町余野159番地の2

豊能町立東能勢中学校

TEL 072(739)0014

FAX 072(739)2292

 

 

東能勢中からの花だより

                      

 

6月27日 月曜日  

 

「紫陽花(アジサイ)  立葵(タチアオイ) 

   アザミ   ダリヤ  さくら草の葉」

  

今年も玄関ロビーが白・青・ピンクの紫陽花(アジサイ)でいっぱいになりました。

同じ青でも、水色・青・濃い青・紫がかった青と青色のグラデーションが

とても美しく涼しげです。

 

アジサイの語源ははっきりしませんが、

最古の和歌集『万葉集』では、「味狭藍」「安冶佐為」

平安時代の辞典『和名類聚抄』では「阿豆佐為」の字をあてて書かれています。

もっとも有力とされているのは、

「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったものとする説です。

花の色がよく変わることから、「七変化」「八仙花」とも呼ばれています。

 紫陽花(アジサイ)は、夏の季語で万葉集では二首、

また平安後期になるとしばしば詠まれるようになりました。

絵画では、葛飾北斎が「あじさいに燕(つばめ)」を描いています。

 

梅雨のこの時期に、紫陽花の花が映えています。

 

「東能勢フェスタ(舞台の部)」の取組が終わり、

6月29日から3日間は、期末テストです。

 

  

地域の方が、季節の花・東能勢の野山の花を、正面玄関前ロビーに活けてくださっています。 

 

 

   

更新情報

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる